スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  Top

HARU ロール。

818



賞味期限が近づいていた卵が多かったので
ロールケーキを焼きました。
抹茶生地にクリームにはつぶしたイチゴをまぜて
春らしいロールケーキの出来上がり~♪
実際はもっとピンクのクリームで桜カラーなのです。

いつも同じフロアのおじちゃん&おばちゃんに
お菓子を沢山もらうので、お礼に半ロールお届けしました。

ちょうど3日前ぐらいに、おばちゃんと帰りのエレベーターが同じになり
とらが部屋まで付いて行って「おじちゃーーーん!」と(笑)
出てきてくれてスティックパンとお菓子もらったんだけど
届けに行った時にそれを思い出して
「パンは?」と聞いていた。ぷ。

「今日はないの~。ごめんねぇ。」と言われると
「じゃあ、おせんべいは?」←オイ(笑)
「また買っておくからね。」と言ってもらって帰ったのでした。
コドモって遠慮ないよね。アハ。


いつもとちょっと配合を変えたんだけど
おいしかったので、続きにレシピUPしまーす!



*抹茶ロールケーキ* (28cm角or30cm角)

□卵 Lサイズ以上  4個
□薄力粉  40g
□グラニュー糖  60g
□抹茶  8g
□水  大さじ2
□オリーブオイル(サラダオイル)  大さじ1
■生クリーム 35%  100cc
■グラニュー糖  大さじ2~大さじ2と1/2
■いちご  6粒くらい


①オーブンは190℃に余熱。薄力粉はふるっておきます。
 抹茶に水を少しずつ加え、ダマが出来ないように混ぜる。
②卵は卵白と卵黄にわけ、卵黄にグラニュー糖の1/2を入れ泡立てる。
 (白っぽくもったりするまで。泡立ちにくい時は少し湯せんに)
③卵白にグラニュー糖1つまみを入れ、泡立てはじめ
 ある程度ボリュームが出てきたら、残りのグラニュー糖を2回に分けて入れ
 しっかり角が立ち、光沢が出るまで泡立てる。
④②の卵黄に抹茶を溶かしたもの、オイルを入れて混ぜる。
⑤薄力粉を1度に入れ、しっかり混ぜる。
⑥③の卵白をもう1度混ぜて均一にし、1/3を⑤に加えしっかり混ぜる。
 (泡のつぶれをきにせず、ホイッパーでしっかりと混ぜる)
⑦残りの卵白の1/2を加え、ゴムベラで底からすくい手首を返しながら混ぜる。
⑧7割混ざったら残り1/2の卵白を入れ同様に混ぜる。
 白い卵白が残らないようになるまで混ぜる。
⑨シートを敷いた天板に流し、カードで表面を平らに整える。
 底をトントンと叩いて気泡をつぶす。
⑩180℃で10分焼く。
⑪粗熱が取れたらシートをはがし、新しいシートの上にひっくり返す。
 もう1枚新しいシートを用意し、焼き面が上になるように置く。
⑫生クリームにグラニュー糖を加え、角が立つまで泡立てる。
 つぶしたいちごを加え、混ぜる。(果汁は全て入れると多いので様子を見て)
⑬スポンジにクリームをのばす。(端から1.5cmくらいは開けてのばす)
⑭シートを持って手前から1巻きし、形を整えつつ巻ききる。
 30cmのものさしがあれば、シートの上から押さえて締める。
 シートに巻いて冷蔵庫で2時間ぐらい置くと形が整います。


卵黄・卵白の泡立てはハンドミキサーが便利。
抹茶を入れるところからはホイッパーに変え、1/3卵白を混ぜた後はゴムベラで。
材料も少なく、用意して焼き上がりまで30分もあれば出来ちゃうし
意外に簡単なロールケーキ。
別立てなので、ふくらみもよく初心者サン向けだと思います。
(生地はシフォンのようなシュワっとした生地に出来上がります)

天板に流す時は1ヶ所の全て流しいれず、四隅・真ん中と分けて流すと
広げるのが楽です。
巻くのはまさに巻き寿司の感覚で(笑)
ココアを入れたり、プレーンにしたり、アレンジ可能ですよ★


テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

2011/04/06 11:23 | HAND MADEComment(0)Trackback(0)  Top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。